ソーシャルゲームの風雲児

近代日本の歴史の中で爆発的に売れている商品の中に携帯電話やスマートフォンがありますが普及する事によって猛スピードで進化している業界があります。

それはソーシャルゲームです。

ソーシャルゲームとはSNS上で提供されるオンラインゲームの事でソフト等を必要とせず基本無料です。

コミュニケーション機能がありますがアイテム課金等で利益を得ています。

コミュニケーション機能もあるため青少年には問題となる事もありますが今や若者を中心に数百万人の人達が娯楽機能として利用しています。

そんなソーシャルゲーム業界で知らない人がいないと言われているのが梶原吉広さんです。

梶原吉広さんはソーシャルゲーム会社gloopsの創業者で「大争奪レジェンドカード」「大進撃ドラゴン騎士団」など百万人以上の登録者を持つゲームを世に送り出しました。

ソーシャルゲーム業界の風雲児と呼ばれ、今後の作品等に期待を持たれていましたが海外企業に300億円以上でgloops売却し、今はシンガポールを拠点とされて活動されています。

これからは東南アジアを中心としたビジネス展開をされるかどうか判りませんが、多くのファンがいるためゲームの世界では復活を待っている方も多いようです。

日本でもなにかしら活動されるような時はマスコミなども注目しているのでどこかで情報を入手できるかもしれません。

私生活でも有名なグラビアアイドルの方と結婚され皆さんがうらやましがるような経歴をもていらっしゃいます。